女神にお別れをしてきます。


さとう式リンパケア三重鈴鹿のケアサロン《Mayumi Precious》のてんちゃんこと櫻井真由美です。

ここ最近「ダメ出し」をもらったことが、何回かありました。
5回とか。もっとかもしれない。



わたしがしたこと、しなかったことに

「それはいかがなものか」と、メッセージをもらったり直接言われたりしました。

前のわたしは、こういう事があると、とても落ち込みました。
「あー。やっぱり、もっとちゃんとしやんとアカン」から落ち込みは始まって、

「しっかり考えてから行動しやな」

「もっと色々考えたら良かった」

「きっと嫌われたやろな」

「え。待って待って。もしかして、あの時も、そうやったんかも」と、どんどん落ち込んでました。



指摘されたこと以上に、自分責めがエスカレートしていってました。


今も落ち込みます、やっぱり。

だけど、どんどん、ではなくなりました。


どうして、自分責めがエスカレートしなくなったのか、少し考えてみました。



すごく落ち込みが続いてた、以前のわたし、自分なりにたくさん色んな事に気をつけてやってたんです。


でもね、それでも、やっぱり「いかがなものか」と指摘される事はあったように思います。


今は、わたしなりに一生懸命考えても、あかん時はあかんのやんなあ。と開き直ることができるようになってきたのかもしれません。


そして、時には、

こう思うようになりました。


指摘してみえた人の「〇〇すべき」と「◇◇して欲しい」が反応してるんかな…と。  


「〇〇すべき」が反応しているというのは、わたしの無礼な言動が、それを見た人の価値観を刺激するっていう事。 


えっと、言い訳します。無礼にしようと思ってるワケじゃないんですよ。 

嫌な気持ちやざわざわさせて、

ごめんなさい。

多分これからもしてしまう。


わたしの「べき」は、もうずいぶんと緩んできてて、あなたの「べき」を刺激してしまうと思います。


「◇◇して欲しい」が反応してるっていうのは、わたしがそんな風にするって事は、された自分が大切にされていないと感じたっていう事。 

「そんな事されたら悲しい」って、言うてくれなきゃわからないんです。

そんなつもりじゃないんよ。て言うチャンスを、わたしにもらえると嬉しいです。


以前のわたしは、悲しいの代わりに怒りがあって、それを抑え込んで(怒ったらアカンと思ってたから)、そして拗ねて「わたしは価値がない」と三段階ぐらいねじれてひねくれてました。 

ほんとは「悲しいの寂しいよぉ」なのにね。
そうやって言えば可愛いのにね。

人間関係が、この視点だと、そりゃしんどいわ。と、過去のわたしをねぎらう。



とりとめなくなったけど、 

とにかくごめんなさいです。



今夜は、急逝したお友達にお別れをしに行ってまいります。

女神みたいな女性でした。

ありがとうを伝えてきます。

さとう式リンパケア 三重 鈴鹿 《CareSalon Mayumi Precious》 〜さとう式リンパケアとカウンセリング〜 でゆるむ整う輝く

さとう式リンパケア 三重 鈴鹿 さとう式リンパケアとカウンセリングのサロン 《CareSalon Mayumi Precious》 誰かのために何かのために頑張り続けた女性は、自分の事を後回しにしがち。 当サロンで、こころもからだもゆるめて整えて磨きます。 こころとからだの感度を上げて自分の心地良さに気づき、これからの人生をお客さまご自身が主人公になるための応援をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000