罪悪感を感じなくなってきた。

今日は京都の長男の展覧会に行ってきました。
大学3年の授業の一環だそうで展覧会当日まで実行委員として、自分の作品製作のほかに色々とやる事があったようです。

今日も、バイト先の知り合いの方が観に来てくださってて、説明しながら会場内を案内してました。



知り合いの大柄な男性達と一緒にいる長男を眺めながら、展覧会の作品達を見ながらこんな事思い出してました。

わたしには、愛知に住む23歳の長女と、この京都に住む長男と、17歳の次男がいます。
他の2人に比べて長男は小柄です。今、身長162㎝ぐらいだと思います。

そのことを小学生の時に彼はコンプレックスに感じていました。
小学1年の時はそんなこと言わなかったけど、2年になって、新1年生の子が入学してきたらその子達より断然小さくて「チビ!チビ!と言われる」とよくべそかいてました。 

小児科医に相談に行った事もありました。


なんかね。その当時は、わたし母親として申し訳なく思ってたんです。
赤ちゃんの時に母乳育児にこだわってたからかな…とか。
2歳の時に麻疹に罹っちゃって高熱で何日も寝てたからかな…とか。


いつも不安だったなあ。
良いお母さんなら、こんな時はどうするのかなあと、しょっちゅう考えてたように思います。

だから、「チビ!って言われる。何食べたら大きくなれるん?」と長男が言うと、わたしが落ち込んでたように思います。
誰も責めてないのに。

そのうちに、「チビだけど優しい」みたいに、枕詞に「チビだけど」がついてその後に褒め言葉がやってくるという時期もあったように記憶しています。


今、長男を眺めて、落ち込んだり罪悪感を感じなくなったなあと思います。
そんな、自分の変化を面白がって眺めています。


展覧会の仕事を抜けて、遅めのランチを食べながら、堰を切ったように展覧会までの数日の様子を話す長男との時間は、わたしにとってとても大切な時間でした。


サロンのライン@お得情報とクーポン配信とオチのないつぶやきをしています。

お返事ないと、どなたがお友達になってくれたかわからないので、こっそり登録大歓迎❣️
↓↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40pjg4107b

さとう式リンパケア 三重 鈴鹿 《CareSalon Mayumi Precious》 〜さとう式リンパケアとカウンセリング〜 でゆるむ整う輝く

さとう式リンパケア 三重 鈴鹿 さとう式リンパケアとカウンセリングのサロン 《CareSalon Mayumi Precious》 誰かのために何かのために頑張り続けた女性は、自分の事を後回しにしがち。 当サロンで、こころもからだもゆるめて整えて磨きます。 こころとからだの感度を上げて自分の心地良さに気づき、これからの人生をお客さまご自身が主人公になるための応援をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000