足指への賛辞✨

週に2回隣市の整体院のスタッフをしています。
かれこれ5年ほどになります。

5年前、すでに長くスクールカウンセラーをしていて、こころの事を仕事にしてました。

こころの事だけでなくからだの事も興味があって、タイミングよく知人に声かけてもらい、この整体院のスタッフをさせていただくことになりました。

(スクールカウンセラーはダブルワークOKなの)

漢方薬のことや氣のこと、患者さんが途切れた時に、院長から色々と聞けてとても勉強になってます。


院長の治療は骨格矯正の整体で、見ていてもすごくチカラが要りそうで、腰を捻ったり首を引っ張ったり、わたしの「整体のイメージ」通りの治療法です。

からだのケアもしたいなあとわたしが思っても、わたしがこれを習得するのは難しいと考えてました。


こころのケアだけでなく、わたしにもできるからだのケアってないのかな…と情報を集めてました。

その情報の中に、いまサロンでしている【さとう式リンパケア】がありました。

フォローしている心屋仁之助さんのFacebook記事やブログを読んでいたら「常識の逆をいく。なんだ!これは!」というようなタイトルとともに【さとう式リンパケア】にたどり着いたように覚えています。

「押さない、揉まない、引っ張らない」というこれまでの筋肉痛の改善の逆をいく方法でした。「微弱な刺激でリンパ間質液を動かす」という手法も、非力なわたしには向いていました。

 

整体院で仕事をしながら、全く違うやり方でからだのケアをする方法を学んで一年になります。    


実は、整体院で時には患者さんに【足指ワイワイ】などのケアをさせてもらってます。

こっそりしてるつもりはないんやけど、院長に説明する時間はないし、患者さんが楽になるんやったらええかなと、鍼治療の個室で鍼を抜いた後、まだベッドに横になってみえる患者さんにワイワイしています。

これはこっそりなのかな。

恐縮される事が多いけど、ベッドから降りられる時には患者さんはからだが軽くなったと嬉しそうになさってます。

喜ばれるとついつい次の時も、片腕バンザイとか足指ワイワイとかのプチリンパケアしてしまいます。


その時に感じることがあります。

足を触られるのって、すごく恐縮される人が多いんです。

わたしも以前は同じように思ってました。汚くないけどなんか申し訳ないような気持ちになっていたと思います。


自分がお客さまの足をケアする時、頭部や腕周りをケアする時とおんなじ気持ちです。

その声を聴くという感じです。

からだって、いつも黙って思う通りに動いてくれてます。

ゆるゆると緩んでいくと喜んでいるように思うのです。


「宝物のように扱う」ということを心がけています。 




足指ワイワイ、わたし自身がすごく効果を感じているので、これからもどんどんやっていこうと思っています。

さとう式リンパケア 三重 鈴鹿 《CareSalon Mayumi Precious》 〜さとう式リンパケアとカウンセリング〜 でゆるむ整う輝く

さとう式リンパケア 三重 鈴鹿 さとう式リンパケアとカウンセリングのサロン 《CareSalon Mayumi Precious》 誰かのために何かのために頑張り続けた女性は、自分の事を後回しにしがち。 当サロンで、こころもからだもゆるめて整えて磨きます。 こころとからだの感度を上げて自分の心地良さに気づき、これからの人生をお客さまご自身が主人公になるための応援をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000