母の日に思う

 さとう式リンパケア三重鈴鹿のケアサロン《Mayumi Precious》のてんちゃんこと櫻井真由美です。


去年もFacebookに書いたことがある。

それは、
「母の日」に思うこと。

なんでも喜んでくれる義理の母のこと。

何をあげても喜ばない実家の母のこと。

いや、心の中では喜んでるんやろな。きっと。

それを表現するのが下手。


子どもの頃は、このカラクリがわかってなくて。

「お母さんを喜ばせることができないわたし」は「悪い子」という式ができてしまってた。


それは母の日のプレゼントに限らず、他の場面でも。

何をしても、なんとなぁく不満気な表情。

なんとなぁくだから、その事について、わざわざ聞くのもはばかられて、聞いた事もない。だから勘違いなのかもしれない。


不満気な顔が、むしろ母の基本の表情だとか。



んー。

やっぱり、不満気な顔やと、なんかこうズンと落ち込む。

幸せそうにしとって欲しいんよなあ。ケラケラ笑って。


ケラケラ♡
↓↓↓


わたしが思う「幸せ」と、母の感じる「幸せ」は違うとわかってきて。


そして、母は快の感情を表現するのが下手なんだというのもわかってきて。


娘として母を見るのでなく、

女性同士として眺めることもできてきて。


「喜ばせることができないわたしは悪い子」の公式もいつのまにか無くなってきて。


もう、なんか、全て「ウケるわ🤣」になってきて。


そして今年。


母が、

今年は随分前に「母の日のプレゼントはな、お金でいいわ」と言うてきました。

「へ?」

「それで好きな物買うから、千円でいいから」




笑うわ。お金って。千円って。 


でも、なんかスッキリした。


もうちょっとたくさん差し上げましたよ💰

それから、その注文を聞く前に用意してたプレゼントもつけて。


相変わらず、そんな嬉しそうでもなかったけど🤣

あ。ほんとに千円でよかったんかな。むしろ😆



ウケるわ🤣


「お母さん、いつもありがとう」


愛知県内〜名古屋市、一宮市、尾張旭市、岡崎市、刈谷市
三重県内〜松坂市、伊勢市、桑名市、四日市市、鈴鹿市から当ケアサロンにお越しいただいてます。感謝✨

当サロンの

「ケアカウンセリング」とは

↓↓↓

さとう式リンパケア 三重 鈴鹿 《CareSalon Mayumi Precious》 〜さとう式リンパケアとカウンセリング〜 でゆるむ整う輝く

さとう式リンパケア 三重 鈴鹿 さとう式リンパケアとカウンセリングのサロン 《CareSalon Mayumi Precious》 誰かのために何かのために頑張り続けた女性は、自分の事を後回しにしがち。 当サロンで、こころもからだもゆるめて整えて磨きます。 こころとからだの感度を上げて自分の心地良さに気づき、これからの人生をお客さまご自身が主人公になるための応援をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000